赤ちゃんおむつかぶれ 原因と予防 そしてなったらの対処法

赤ちゃんのおむつかぶれの原因

おむつかぶれは、おむつが直接あたる部分の皮膚が炎症をおこした状態のことで、医学的には「おむつ皮膚炎」と呼びます。

おむつかぶれの原因はひとつではなく、汗やムレ、こすられる刺激、カビなどさまざまな要素がからみ合って起こります。
でもそれでも一番の原因はいちばんの原因はおしっこやうんちの刺激です。おしっこのアンモニア成分やうんちの酵素が肌に良くないといわれています。
生まれたばかりの頃は、おしっこや水っぽいうんちを頻繁にするのですが、そんなおしっこや水っぽいうんちが長時間肌に付着してると肌に悪い刺激を与え、かぶれが起こるというわけです。
赤ちゃんの肌は大人と違って生まれて間もないため免疫能力も未熟で、肌自体がとても柔らかく傷つきやすい状態です。だから、ちょっとした刺激でも負けてしまいます。
また、おむつを長時間あてたままにしておくと、ムレて皮膚がふやけておむつ表面で傷つくことになります。
また、サイズの合わないきつい紙おむつやおむつカバーも、皮膚をこすっておむつかぶれになるときもあります。

赤ちゃんのおむつかぶれの予防

おむつかぶれの予防は、とにかくおしっこやうんちで肌が濡れた状態を続けないよう清潔にするが大事です。
そのためには「まめにおむつを交換する」「通気性の高いおむつカバー・吸収力の高い成形おむつを使い湿気をのがす」 「ウンチのあとは洗面器でお尻を洗ってあげたりして汚れをしっかり落とす」「おむつを取ったあと、おしりを乾燥させる時間をちょっとだけ作る」などのケアをしていくといいでしょう。
特に「まめにおむつ交換」は最大にして最も効果の高いかぶれ防止法。おしっこやうんちが付いたおむつは出来るだけすぐ取替えましょう。「泣いたら即交換!」というのを徹底しましょう。
また「通気性の高いおむつカバー・吸収力の高い成形おむつを使い湿気をのがす」ことによって、おむつの内部に湿気がこもらないようにするのも大事です。
また、うんちのばあい、市販のおしりふき やカット綿で拭くだけでは汚れが肌に残ることがあります。残ったウンチ汚れはかなり肌に良くないので、洗面器でお尻だけを洗ってあげましょう。
最後におしっこやうんちで湿ったおしりを乾燥させるのはかぶれを防ぐ手助けになります。1日の間におしりをしっかり乾燥させる時間を作ってあげましょう。
少々面倒ですが、さすがにここまでやると、なかなかおむつかぶれにはなりませんよ。

おむつかぶれ【赤ちゃん】原因/予防 おむつかぶれになったらの対処法メニュー