赤ちゃんおむつかぶれ 原因と予防 そしてなったらの対処法

少し荒技おむつかぶれ対策

3歳と0歳3カ月の二児の母です。

上の子の時はおむつかぶれがひどかったのですが、下の子はほとんどおむつかぶれしていません。
上の子は混合で下の子は完全母乳です。下の子の方が頻繁にうんちをします。オムツの交換はどちらかというと上の子の方が神経質にオムツにオシッコの線がでたら交換するようにしていたので、交換頻度は下の子方が少ないと思いますが、明らかにひとつだけちがうことがあります。

下の子の時はオシッコの時はおしりふきを使用していません。オムツを交換するだけにしています。うんちが出た時だけ綺麗に拭きあげるようにしてあげます。また、少しかぶれそうだな…と思った時はおしりふきっではなく脱脂綿に水をたくさん含んだもので拭いてあげるようにしています。

うちの子に限って言えることは、オシッコの度におしりふきでこすっていたのがあまり良くなかったというのと、おしりふきは濡れているので湿った状態でオムツをはかせていたのもあまりよくないと思います。ただ、一人目のお母さんだとそれでは不衛生では?と思われると思います。私がそれをやり始めたきっかけは、保育園でオシッコの時はサササと交換して、うんちの時は毎回綺麗に洗ってくださっているのを見てからそうしようと決めました。保育園ではおしりふきは一切使っていません。でも、とても衛生的で経済的です。

ただ、家ではうんちをするたびにシャワーで流すのは至難の業です。なので私はちょっとまってね〜じゃなくて、乾かぬうちに即交換を心がけています。乾いてしまうとシャワーをするかお尻をきつくこすって拭きあげないと汚れが取れなくなるからです。

お尻かぶれの時に必ず言われることは「ぬるま湯で優しく洗ってあげてくださいね」と言われます。が、一日に3回も4回もうんちをする子を服脱がせて脱衣場で脱がせ着替えさせる作業は容易ではありません。首が据わっていない時は本当にうんちが自分にもついて終わった後はぐったりなるし、首が座って楽になった頃は足が強くなって、うんちをけり上げたり、暴れて、優しく洗ってあげる心強さが折れてしまいそうになるんです。だから、私はうんちの音がしたら、終わりを見計らって即交換です。それだけは徹底してやっていたら、下の子はかぶれ知らずです。

おむつかぶれ【赤ちゃん】原因/予防 おむつかぶれになったらの対処法メニュー