赤ちゃんおむつかぶれ 原因と予防 そしてなったらの対処法

おむつかぶれの原因

おむつかぶれはなぜ起こるのか。
おむつかぶれは、医学的には「おむつ皮膚炎」と呼ばれています。
おむつでカバーされている部分、当たっている部分にだけ起こります。
原因はたくさんあります。
赤ちゃんはおむつを付けて排泄しますので、
排泄物が皮膚に直接あたるんですよね。
もちろん、最近のおむつはとても優秀で、
一度吸収したものを漏らさない設計になっていたりします。
でもそれでも、たとえばおしっこのアンモニア。
こういったものは必ず残ります。
おしっこは老廃物を含んでいますから、
肌を刺激する成分も含まれています。
時間が経つと、皮膚に刺激を与えやすくなります。
うんちは、大腸菌や細菌など、
おしっこよりも刺激物がたくさん含まれています。
特に生まれたばかりの赤ちゃんは、
水っぽいうんちをすることがよくあります。
それがおむつの中で放置されると、
あっというまにおむつかぶれを引き起こします。
そして夏場は汗もかきますから、
それでムレてしまって起こることもあります。
これは夏場ということもあって、汗疹と間違いやすいですね。
大人でもそうですが、
ムレると皮膚ってふやけますよね。
そうすると柔らかくなりますので、傷つきやすくなります。
ムレ+排泄物で、柔らかくなった皮膚は普段以上に刺激を受けます。
お風呂上り、まだ体が湿っているうちにおむつをつけると、
その湿気はそのままおむつの中に残ってしまいます。
そういったことも、注意しないといけません。
あとは、サイズが合わないことによる擦れ。
たとえサイズがあっていても、
洋服と同じように多少は擦れるものです。
赤ちゃんの肌はとってもデリケートなので、
その些細な擦れからおむつかぶれが起きることもあります。
おしりを拭いてあげるときや、おむつ周りの汗を拭いてあげるとき。
こういうときも擦れは起きます。
ムレを注意してこまめにおむつを取り替えていても、
拭くときにも注意しないと、
その細かな擦れから上記の排泄物による刺激を受けます。
そして以外なのが、カビによるおむつかぶれです。
暗く、ムレて、湿気もあるおむつの中は、
カビが成育するのに最適な環境となってしまうんです。
以上のことから、
ゆるい便で、回数も多い時。
長時間おむつを替えられない外出時など、
ムレたり排泄物があたる時間が長いときに、
特におむつかぶれは起きやすいのです。

おむつかぶれ【赤ちゃん】原因/予防 おむつかぶれになったらの対処法メニュー